« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月15日 (木)

お盆休み~

まだまだ暑いですね~

東京に遊びに行ってきました。

電車はすいていて良かったんですが……

まずは、上野。

国立科学博物館の「深海展」を見ようかと。

9時~だからと9時ちょっと過ぎについたのですが、すでに長蛇の列。

70分待ちの表示。

ここは、いさぎよくあきらめて。

Dscn2000


近くの東京国立博物館へ。

ゆったりのんびりと、国宝や重要文化財等を堪能してきました。

次に。

日本橋に行きました。

で。

日本橋で食事といえば、「丸善」のカフェ。早矢仕ライスでしょう。

味は、昔のビルの屋上にあった時の方が良かった気もするけど。

今でも、じゅうぶんに美味しい。

食べた後は、ちゃんと本もいろいろと買ってきましたよ。

そして、日本橋三井ホールのアートアクアリウムを見てきました。

Dscn2029_2


金魚。

金魚は、優雅で。綺麗。

だったんだけど。

あまりにも人が多くて多くて。

ほとんど見られませんでした。

払ったお金がもったいないって思ったくらい。

人ばっかりのぎゅうぎゅう詰めで、耐え切れなくなってしまって、

早々に退散してしまいました。

Dscn2003


お盆休み中の東京とはいえ、混んでいる所は混んでいるんですね~


2013年8月 7日 (水)

しじみ

久しぶりにsnowwingさんの型紙で「しじみ巾着」を作りました。

持ち手つきのLサイズです。

Dscn1988


10月のララガーデンのイベント用にしようと、

秋っぽい色で作ってみました。

このしじみ巾着は、ホントに使い勝手良くて、

自分用には、2つ作って愛用してます。

バッグインバッグや旅行の時のサブバッグとかにも使ってます。

今回は、持ち手をちょっとしっかりさせてしまったので、バッグインバッグには、

むずかしいかな~

秋から冬にかけてイベントが続くので、今は、ひたすらに作るしかないって感じです。

しじみ巾着作りが、終わったら子どもの学校のバザー作品を作ります。

2013年8月 5日 (月)

子ども夏

子どもが、化石を採取してきました。

Dscn1966


カニの化石です。

去年は、貝殻の化石だけだったので、ちょっと進歩したかな~

でも、もうこの化石はありません。

この部分だけを取り出そうとして、失敗していまい化石にヒビを入れてしまいました。

「バカじゃないの」

の私の一言に、激昂した子どもはハンマーで化石ごと粉々にしてしまいました。

もっとバカ。

Dscn1971


ゴキブリじゃないですよ~

カブトムシ、オスが4匹にメスが1匹。

実家の家庭菜園にいたそうです。

カブトムシが湧く程の、たい肥作りって家庭菜園の域をこえているような。

今。

子どもに肩にカブトムシを1匹乗せられています。

這いずりまわっていてチクチクして痛いです。

飛んだらどうするのって思うけど、家の中だから大丈夫だそうだ。

しかし、うっとうしい。

2013年8月 3日 (土)

旅行 その③

最終日に乗った乗り物がすごかったwobbly

高速船→マイクロバス→水牛車→自転車→高速船→タクシー→飛行機→

モノレール→JR→地下鉄→私鉄→タクシー

ひゃーsweat01

乗り物酔いする私には、怒涛の苦難の1日でした。

ま。

吐かずに無事に帰って来られましたconfident

Dscn1922


帰りの飛行機が15:55発だったので、それまで観光をすることに。

石垣島から高速船で10分程で行ける竹富島に行ってきました。

まずは、水牛に乗って島内観光。

次に自転車を借りて島内観光。

無謀でした。

とんでもなく日差しが痛くてキツイsweat01

Dscn1940


「なごみの塔」からのながめ。

綺麗だったんだけど、階段が狭くて急で上り下りで肝が冷えました。

最後に、石垣島で買ったもの。

Dscn1964


ラー油。

食べくらべをしてみるつもり。

本当は、真ん中の「石垣島ラー油」がめあてだったんだけど、

他にもいろいろ売っていたので、つい買ってしまいました。

2013年8月 2日 (金)

旅行 その②

次の日は、西表島に行ってきました。

Img003_2

沖縄県最大級の落差を誇るピナイサーラの滝を目指してリバーカヤックとトレッキング。

まずは、マングローブ林の生い茂るヒナイ川流域をカヌー(リバーカヤック)で

漕ぎ進みました。

カヌーは、奄美大島で、シーカヤックとリバーカヤックをしたことがあったんですが、

何せ10年以上も前の事、なかなかコツがつかめず、ガイドの方に、ロープで

カヌーを引っ張ってもらうありさまcrying

でも、どうにか慣れてきて、まわりの景色を楽しむ余裕が出てきたところ、

カヌーを係留するところに到着、トレッキングを開始。

Img005


これが思いのほか、きつかった。

岩や石に手をついて、よじ登り、息が上がる上がる。

でも、子どもたちはサクサク登っていってました。

20130725111008_2

私だけヘトヘトになってたどり着いたピナイサーラの滝。

青すぎる空がぱあっとひらけていて、ものすごく雄大な眺めでした。

ま。

子ども達は、ガイドさんの「滝壺に入って水遊びをしてきてもいいですよ」の

言葉に、滝を眺めるのもそこそこに、滝壺に飛び込んでました。

滝壺には、エビや魚もたくさんいました。

おやつで、ガイドさんからいただいたパイナップルが絶品。

帰りのカヌーは、追い風も手伝って軽やかに気持ち良くて、オヒルギ、メヒルギ、

ヤエヤマヒルギ、シオマネキなどの観察を出来る余裕も持てました。

Dscn1895


お昼は、星砂の浜を眺めながら、お弁当を食べました。

天気が良すぎるほど良くて、空の青さが痛いくらい。

そして、午後は、念願のシュノーケリングhappy01

バラス島に行ってきました。

Dscn1910


サンゴのかけらでできた白い島です。

前日に、黒島でシュノーケリングは体験済みなので、

ライフジャケットを体に合うようにしめ直して、講習もそこそこに海へ。

綺麗でした。

魚がたくさん泳いでました。

サンゴもたくさん。

Img004

クマノミにも会えましたよ~

水中用のレンズ付きフィルム、いわゆる使い捨てカメラで撮影しました。

水があるなんて思えないほどの透明感。

スイスイと楽々とついていく子どもたちに気を良くしたのか、ガイドさん。

結構、遠くまで連れていってくれて、いろんな魚のスポットを教えてくれました。

でも、私は、ついていくだけで精いっぱいで、ライフジャケットだけが頼りな感じに。

シュノーケリングで、なぜか高所恐怖症の人みたいに足がすくみました。

透明度がすごくて、すとーんと深く深く下まで良く見えてしまって。

Dscn1911_2


大満足な一日でした。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »